水子供養

水子供養の大切な理由

水子供養をするということは、大変大きな理由があります。

水子供養の大切な理由について、私の体験に基づいて簡略に申し述べます。水子供養とは、今まさにこの世に生を受けようとして、悲しくも何らかの理由によりこの世に生まれることが出来なかった霊を、仏法の教えに従って正しく供養し、仏の慈悲心に願いをかけて、水子の霊を「迷いの世界・苦の世界から安楽・浄土の世界へ」と導くためのものであります。

この水子供養をせず、おざなりにしておくと、この世に生まれられなかった水子の霊は、いつまでたっても「迷い・苦の状態」から抜け出せることが出来なく、永遠に迷い続けなければならないのです。

「死後の世界」とか「仏の世界」のことについては、なかなか信じることが出来ず、大変多くの人たちは「死んだらおしまい・死後の世界は実在しない」と勝手に決めつけています。「死後の世界は実在しない」と決めつけてしまう理由は、水子の霊も、死後の世界も、仏の姿も、実は私たちの目で見ることが出来ないからなのです。

そしてまた私たちの耳でも、死後の世界のことや仏の声など、一切聞くことが出来ないから「死後の世界のこと」は信じることが出来ないのです。その結果「死んだらおしまい・死後の世界は実在しない」と勝手に決めつけてしまうのです。

でもよく考えてみると、この世の中には「見えない・聞こえない」けれども、はっきり実在するものは、非常にたくさんあります。例えば携帯電話の電波をはじめ、空中を飛び交っている無数の電波類、無線類など、私たちの目では絶対に見ることは出来ないし、またこの耳で電波の音を聞くことは出来ません。しかしながら、私たちはそれらの実在を信じているのであります。なぜ信じられるのかといえば、携帯電話をかければ相手と話が出来るし、テレビのスイッチを入れれば電波が届いていることが理解出来るのです。

このように、実は「体験」することによって、見えないもの・聞こえないものの実在が信じられるのです。死後の世界も、仏の世界も、実は「体験」することによって、その実在が信じられるようになるのです。私たちが信じる・信じないにかかわらず、死後の世界は歴然と実在するものであります。 だからこそ水子の霊は、決しておざなりにしておいてはならないのです。正しく仏法の教える方法に従い、水子供養をしなければ、水子の霊はいつまでも苦の世界 ・迷いの世界を抜け出せないのであります。

近江・新善光寺住職

当寺は完全個別で1組ずつ対応しております。【個人情報保護の為】

スマートフォンやインターネットでも水子供養のお申し込みが出来ます

インターネットでも水子供養のお申し込みが出来ます

●供養は信州善光寺のご分身如来様の当寺の本堂で、厳粛におつとめいたします

●必要な方には希望により、当寺から「お供養受付証」を発送いたします

※【供養などで来寺される場合は、メールまたは電話にて必ず日時予約をお願いします】

供養内容(ご志納は来寺の場合は当日ご持参ください。来寺されない場合は郵便振替となります)

1)七日供養〔ご志納 ¥5,000(一霊) 〕
7日間、毎日お供養いたします
2)ひと月供養〔ご志納 ¥10,000(一霊)〕
1ヶ月間、毎日お供養いたします
3)永代供養(一番丁寧なお供養)〔ご志納 ¥30,000(一霊) 〕
水子の霊に戒名を付け、供養札に記入し永代供養壇にて永代にお供養いたします

お問い合わせ・お申し込み

電話:077-552-0075 携帯:090-2113-4344

インターネットからもお申し込みができます。水子供養や葬儀などで分からないことや、お悩みのある方は一度お問い合わせください。

WEBからのお申し込みはこちらから